iTunesカードを上手に活用

iTunesカードはアップル社のiPhoneやi Pod、i Padで使えるカードで、主にゲームや音楽、映画、ブック、アプリなどが購入できる、前払い式、プリペイド式のカードの事です。
自分の指定した金額のカードを購入することになります。
iTunesカードは主にコンビニや家電量販店などで販売されているのですが、オンライン上で取引されるiTunesコードというものがあります。
iTunesコードはコードがメールで送られてくるものになりますので、カード式ではありません。

チャージしたい金額のiTunesカードを販売店のレジまで持っていけばOK!

チャージしたい金額のiTunesカードを販売店のレジまで持っていけばOK! iTunesカードはアップル社のiPhoneやi Pod、i Padで使えるカードの事。
主にゲームや音楽、映画、ブック、アプリなどが購入できる、前払い式、プリペイド式のカードの事です。
クレジットカードを持っていない方でも決済方法の一つとして使えるカードです。
iTunesカードは主にコンビニや家電量販店などで販売されています。
カードを購入したい場合、チャージしたい金額のiTunesカードを販売店のレジまで持っていけばOK! カードは購入後、自分のapple IDに登録して使う事になります。
よく似た名称の物にiTunesコードがありますが、こちらはカード式ではなく、メールで認証番号が送られてきます。
番号をなくしてしまうと使えなくなってしまうので注意が必要です。

iTunesカードは販売店のレジを通さないと使えない

iTunesカードは販売店のレジを通さないと使えない iTunesカードに関わらずプリペイドカード等は防犯の為にレジを通さないと使用できません。
この様なシステムは販売店ではカードそのものを万引きされても、実際には損害にならないためコンビニやデパート等の多くの販売店で導入されています。
レジでバーコードを読み取ることでiTunesカードのシリアルナンバーが有効化されます。
逆にシリアルナンバーが有効化されなければ、iTunesでシリアルナンバーを入力しても無効なシリアルナンバーとしてエラーが起こります。
万引きは勿論、勘違いなどでレジを通さずに持って返っても、一切使用できず店側にもお金のやり取りが発生しません。
カードのみを盗んだ状態ではシリアルナンバーの有効化が出来ない上に、店側も販売したという判定にならず店には利益も損害も受けません。
ただしカードを発行している会社では、シリアルナンバーが有効化されるまでは、ただ置いているだけで利益が発生しません。
万引きなどでカードが盗まれてしまった場合にはカードの制作に掛かる材料費等がかかりますし、輸送費なども掛かってしまいます。
この様に様々な費用が掛かっても店頭においているだけでは利益が生まれないため、メリットの方が大きい場合もあります。

オススメのiTunesカード関連リンク

町田にあるiTunesカードの格安販売店です。

iTunesカード 販売 町田